2019年11月06日

自宅での葬儀の利点はどこにあるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在では8割が葬儀を斎場で執り行っているので、自宅葬を行う人は1割もいないことになります。理由の1つは、自宅で安楽死というワケでなく、病院で亡くなる方がいるからで、マンションなどの集合住宅では近所付き合いなどが希薄です。そうしたことからも斎場へ遺体が運ばれています。しかし、家族葬にもメリットはたくさんあり、自宅の規模によって大勢の弔問客を迎えることができる上、葬儀費用も安価に抑えることができます。

2019年10月08日

終活ではなにをしておくべきであるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終活とは、自分の人生を綺麗に終わらせるために様々なことを事前にやっておくということであり、墓じまいとか場合によっては衣装などもご用意しておく必要性があります。相続関係は本当に遺書があっても揉めるということがあるくらいですからできるだけ早い段階で明確にしておくということが重要になります。また、できることならば生前贈与というわけではないのですが不動産などやあるいは金融機関とか自分が使っている資産を預けているところに関して必ずまとめておくということが必要になるでしょう。

2019年09月08日

せっかくの終活をむだにしないため遺言書は適切に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では人生のラストをしっかりと後悔がないように迎えることができるようにと、終活を行う方も少なくはありません。葬儀や資産などの分配など望んだように、更には大切な家族などを揉めさせないためにもやはり遺書を用意しておくことは必要となります。しかし、自身で作成をされる場合には無効にならないように気を付けなくてはいけません。無効となるパターンとしては実筆での作成ではないということです。氏名だけ実筆なら有効だろうと思われるかもしれませんが、パソコンなどで作成したものは本人が書いたものではないと無効になることが多いとされています。

2019年08月13日

葬儀屋は24時間いつでも気軽に相談できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族や身内にもしものことがあったときは、葬儀会社に依頼して葬儀の手配をするのが一般的です。葬儀屋は年中無休で24時間いつでも相談に対応してくれますので、いざというときは時間帯を気にせずにいつでも相談できます。多くの葬儀会社はフリーダイヤルを用意しているため、通話料金を気にせずに、じっくり相談することが可能です。もちろん、身内に不幸があったときだけではなく、もしものときに備えて相談しておきたいという場合も、専門の担当者が丁寧に対応し、適切なアドバイスをしてくれます。

2019年07月10日

葬儀社への就職や転職で有利になるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の景気は順調に回復を続けていますが、応募者の多い職種とそうでない職種があるのは事実です。やはり応募者の少なさに悩まされているのが、葬儀社だと言われています。人の死に向き合うことは簡単なことではないですし、心身共にタフであることが求められます。感情を移入することは出来ませんし、割り切る頭のクールさが必要不可欠な職種でもあります。その一方で、身近な方の死をきっかけに業界に飛び込む方が増えています。